ソロスの元運用者、ドバイでヘッジファンド設立へ

ソロス・ファンド・マネジメントの 元資産運用者、アーマド・ズエイター氏(45)がヘッジファンド運営会 社を設立する見通しだ。新興市場の株式が下落する中、アルゼンチンや ナイジェリア、ベトナムなどの諸国に投資する。

ズエイター氏は2006-11年にソロス・ファンド・マネジメントで資 産運用に携わった。ドバイを拠点に設立するジャダラ・キャピタル・パ ートナーズは、中国やインド、ロシアなどの主要新興国ではなく、パキ スタンやモロッコ、イラク、アラブ首長国連邦(UAE)などの「フロ ンティア市場」関連の株式に重点を置く予定。

ズエイター氏は電話インタビューで「加速する成長と力強いファン ダメンタルズ(経済の基礎的条件)から考えて、これらの国々の多くに 投資するほぼ絶好のタイミングだ」と説明。「フロンティア市場は新興 市場と比較して、総じてかなり高い成長率を示すと予想される」と述べ た。

中国の景気鈍化と金利上昇を背景に新興国の株式相場は今年に入っ て、09年以降で最悪のパフォーマンスを示している。MSCI新興市場 指数は年初来で4.9%下げている。一方、MSCIフロンティア市場指 数は2.7%上昇。13年は21%上昇した。

ズエイター氏はフロンティア市場について、GDP(国内総生産) 比の公的債務残高が新興市場と比較して少ないことや人口の平均年齢が 低いこと、「輸出に関して中国への依存度がかなり小さいこと」を挙げ た。

原題:Ex-Soros Money Manager Ahmad Zuaiter to Start Dubai Hedge Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE