ドルが一時102円割れ、米指標を警戒-失業率悪化で豪ドル下落

東京外国為替市場では、ドルが円に 対して一段安の展開となり、一時1ドル=102円を割り込んだ。この日 の米国時間に1月の小売売上高の発表を控えて、先行き不透明感からド ル売り圧力がかかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。