【コラム】高齢者バンド、ローリング・ストーンズへの願い

ビートルズが初めて米国に進出し、 「エド・サリバン・ショー」に出演してから50年。ケネディ大統領暗殺 直後の重々しい空気の中、米国がリバプール出身の4人の若者を熱烈に 歓迎、大人になりかけのベビーブーム世代がその音楽に熱狂し、1970年 の解散で虚脱感に苦しんだ当時の様子がこの1カ月、あちこちでつづら れ、われわれの記憶を新たにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。