ブラックロックCEO:新興国株は魅力的水準-買いの好機

世界最大の資産運用会社、米ブラッ クロックのローレンス・フィンク最高経営責任者(CEO)は、2009年 以来最悪のスタートを切った新興国株式の年明け後のパフォーマンスに ついて、買いの好機を提供していると述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。