米社債保証コスト、3週間ぶり低水準にとどまる-CDS取引

12日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが約3週間ぶりの 低水準にとどまった。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後4時12分(日本時間13日午前6時12分)現在、0.2ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)低下の65.4bp。このままいけば、1 月21日以来の低水準で終了する。

11日に米下院金融委員会で就任後初の議会証言に挑んだ米連邦準備 制度理事会(FRB)のイエレン議長は、バーナンキ前議長の政策を継 続し、「慎重なステップ」で債券購入を縮小する考えを示した。

バンダービルト・アベニュー・アセット・マネジメントのシニア・ マネーマネジャー、マイケル・クラフト氏(ニューヨーク在勤)は電話 取材に対し、「イエレン議長に幾らかためらいが見られる懸念があった とすれば、そのような懸念は払拭(ふっしょく)された」と指摘。今回 の証言によって「イエレン議長が非常にハト派的に対応し、バーナンキ 氏の下で形成された環境を全面的に支持するという見方が裏付けられ た」と述べた。

原題:Moody’s Seeing Junk-Bond Protections Bolstered as Sales Decline (抜粋)

--取材協力:Sarika Gangar. Editors: Richard Bravo, Mitchell Martin

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE