ブラード総裁:米金融当局は緩和縮小ペースの変更に「慎重」

米セントルイス連銀のブラード総裁 は、市場に重大な影響が及びかねないため、米金融当局は債券購入の縮 小ペース変更に慎重になる公算が大きいとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。