米シスコシステムズ:2-4月売上高見通しは一部予想下回る

ネットワーク機器メーカー最大手、 米シスコシステムズが示した2-4月(第3四半期)売上高見通しは、 一部のアナリスト予想に届かなかった。新興国市場の弱さや通信サービ ス事業者からの需要不振が背景。

シスコは12日の電話会議で、2-4月期売上高が6-8%減少する と予想した。これは112億-115億ドル(約1兆1500億-1兆1800億円) に相当する。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均は113億ド ルだった。一部項目を除いた調整後1株利益は47-49セントとなる見通 し。アナリスト予想平均は48セントだった。

シスコは米国外での販売が鈍化している上、中国の華為技術や米ジ ュニパー・ネットワークス、ヒューレット・パッカード(HP)からの 強まる攻勢にも直面している。グーグルなどのインターネット企業が自 社のニーズに対応したネットワーク用スイッチを独自に開発しているこ とも、シスコ製品の需要減少につながっている。

ロバート・W・ベアードのアナリスト、ジェイソン・ノランド氏は 「新興市場が回復せず、サービスプロバイダー向け分野における同社の 立場にプレッシャーがかかり続けるとの懸念がある」と指摘した。

シスコの株価は12日の時間外取引で一時5.1%安の21.69ドルに下 落。通常取引終値は前日比0.6%高の22.85ドルだった。

長期的な業績鈍化

シスコは新興国市場や通信サービスプロバイダーからの需要減少で 長期的な業績鈍化に見舞われている。同社は昨年12月に売上高見通しを 下方修正し、向こう3-5年の平均増収率を3-6%と予想していた。 従来予想は5-7%だった。

12日の発表資料によると、昨年11月-今年1月(第2四半期)の純 利益は前年同期比55%減の14億3000万ドル(1株当たり27セント)。ア ナリスト予想平均は1株当たり36セントだった。

一部項目を除く利益は1株当たり47セント、売上高は112億ドルと なった。ブルームバーグが集計したアナリストの予想平均は、利益が1 株当たり46セント、売上高は110億ドルだった。

原題:Cisco Third-Quarter Sales Forecast Falls Short of Estimates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE