伊首相:政権は危機にひんしている-民主党書記長の動向が鍵

イタリアのレッタ首相は12日、連立 政権が危機にひんしているとの認識を示した。同首相はこの日、自身が 属する最大与党・民主党(PD)のレンツィ書記長(党首)と会談した が、首相が今も議会の支持を得ているとの確証は得られなかった。

レッタ首相はローマで会見し、「陶器のように慎重に扱わないとひ どい結果につながりかねない危機の解決方法を探っている」と発言。 「私の危険な試みは『その日その日をあたかも人生最後の日だと思って 生きる』ということだ」と語った。

レンツィ氏(39)が書記長に選出された昨年12月以来、レッタ首相 (49)とレンツィ氏の共同作業は軌道に乗らず、議会における首相の求 心力が疑問視されている。レッタ首相は会見で、予算削減や給与税の引 き下げ、法制度強化といったプログラムに現政権の今後がかかっている との認識を示した。

首相はレンツィ書記長との会談ではこのプログラムを示さなかった と述べ、13日のローマでの民主党指導部との会談で意見を聞くことがで きると期待していると語った。フィレンツェ市長でもあるレンツィ書記 長はツイッターで、13日に公にコメントすることを明らかにした。

内部抗争が続く民主党内のレンツィ書記長を支持する勢力は今週、 レッタ首相に辞任を迫った。

原題:Letta Says Government in Crisis as Italy Awaits Renzi’s Verdict(抜粋)

--取材協力:Lorenzo Totaro. Editors: Kevin Costelloe, Karl Maier

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE