NY金:6日続伸、3カ月ぶり高値-米緩和縮小継続の観測

ニューヨーク金先物相場は6日続伸 し、3カ月ぶりの高値をつけた。米国が緩和策を継続するとの観測を背 景に、代替資産としての金に買いが入った。

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は前日の議会証言 で、労働市場の健全性を取り戻すにはさらなる取り組みが必要だと指摘 した上で、「慎重なステップ」で債券購入を縮小させる考えを表明し た。セントルイス連銀のブラード総裁はこの日、量的緩和の「パンチボ ウル」を当局はまだ片づけていないと述べた。

アーチャー・フィナンシャルのシニア市場ストラテジスト、アダ ム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、 「ブラード総裁やイエレン議長は当局が緩和の終了を急いでいないこと を明確に示した」と指摘。「金融システムにマネーの注入が続くという ことが、金を支えている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.4%高の1オンス=1295ドル。一時は1296.40ドルと、昨 年11月8日以来の高値となった。6日続伸は2012年6月以来の最長。

原題:Gold Reaches 3-Month High as Silver Caps Best Rally Since 2011(抜粋)

--取材協力:Phoebe Sedgman、Glenys Sim. Editors: Millie Munshi, Joe Richter

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE