米国債:続落、FRB議長が債券購入縮小の継続の方針示す

米国債相場は続落。10年債利回りは 2週ぶり高水準に上げた。10年債入札(発行額240億ドル)が手掛かり となった。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は前日の議 会証言で、景気回復とともに債券購入の縮小を継続する方針を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。