欧州株:続伸、好決算でINGとソシエテ高い-中国指標も注目

12日の欧州株式相場は上昇。指標の ストックス欧州600指数は今年最長となる6営業日続伸となった。 INGグループやソシエテ・ジェネラルなどの四半期利益が予想を上回 ったことが好感された。中国の1月の輸出急増も注目された。

オランダの金融サービス会社INGと、仏銀ソシエテ・ジェネラル が大幅高となった。ノルウェーのアルミメーカー、ノルスク・ハイドロ は3.6%上昇。四半期売上高が予想を上回った。同国の電話会社テレノ ールは2012年5月以来の大幅安。四半期利益がアナリスト予想を下回 り、売りを誘った。

ストックス欧州600指数は前日比0.8%高の332.00で終了。4日以降 の上昇率は4.5%に達した。ただ、6年ぶり高値を付けた先月22日以来 では1.2%下げている。

ライファイゼン・キャピタル・マネジメント(ウィーン)の株式部 門責任者、ヘルベルト・ペルス氏は電話インタビューで、「目先および 中・長期的に欧州株について楽観している」とし、「一部企業の利益が 予想を大きく下回ると市場の一部で心配されていたが、こうした懸念は 薄れつつある。毎日、企業が発表する具体的な数字を目にするが、どれ も大丈夫だ」と語った。

12日の西欧市場では、18カ国中12カ国で主要株価指数が上昇。独 DAX指数は0.7%、仏CAC40指数は0.5%それぞれ上げた。

原題:European Stocks Rise a Sixth Day as ING, SocGen Beat Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE