ブラード総裁:初回利上げガイダンスを「質的」目安に変更か

セントルイス連銀のブラード総裁 は、米金融当局はおそらく景気の「質的」判断に基づいて金利の方向性 を示唆するだろうと言明。失業率6.5%を利上げ検討の目安とするこれ までの数値によるガイダンスからの転換を示唆した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。