マレーシア:10-12月GDP、5.1%増-4四半期ぶり高成長

マレーシア経済は昨年10-12月(第 4四半期)に4四半期ぶりの高成長となった。米国など先進国の景気回 復で輸出需要が膨らんだ。

マレーシア中央銀行が12日発表した10-12月期の国内総生産( GDP)は前年同期比5.1%増となった。ブルームバーグ・ニュースが エコノミスト21人を対象に実施した調査の中央値では、4.8%増と見込 まれていた。2013年7-9月(第3四半期)は5%増だった。

マレーシアのナジブ首相は国債格下げの回避を狙い公共支出を減ら しているが、輸出の回復がこうした影響を打ち消した。13年の年間成長 率は4.7%。12年の5.6%からは成長が鈍化した。

原題:Malaysia’s Economic Growth Accelerates on Recovery in Exports(抜粋)

--取材協力:Michael Munoz、Rina Chandran. Editors: Shamim Adam, Barry Porter

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE