NY外為:ユーロ下落、鉱工業生産統計でECB追加緩和観測

12日のニューヨーク外国為替市場で ユーロは対ドルで続落。2013年12月のユーロ圏鉱工業生産指数が予想を 下回ったことから、欧州中央銀行(ECB)による追加緩和実施をめぐ る憶測が広がった。

ユーロは主要16通貨の大半に対して下落した。ロイター通信が ECBのクーレ理事を引用して、ECBは中銀預金金利をマイナスにす ることを「非常に真剣に」検討していると報じたことが手掛かり。ユー ロ圏の域内総生産(GDP)は14日に発表される。

英ポンドは対ユーロで8週間ぶりの大幅高。イングランド銀行(英 中銀)が景気回復の勢いが増しているとの見方を示したことが影響し た。ドルは対円で下落。13日発表される1月の米小売売上高は前月比で 横ばいと予想されている。

ウエストパック銀行の北半球通貨担当チーフストラテジスト、リチ ャード・フラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は、鉱工業生産指数の 低下によって「市場参加者は今週発表されるGDP統計に対してやや神 経質になっている」と述べ、「クーレ理事の発言は新しい内容ではない が、市場参加者は予期していなかったことであり、それがユーロ安につ ながった」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.3%下げて1 ユーロ=1.3593ドル。対円では0.4%下げて1ユーロ=139円37銭。ドル は対円で0.1%下げて1ドル=102円53銭。

JPモルガンG7ボラティリティー指数は7日連続で低下 し、7.72%と10月30日以来の低水準をつけた。2月3日には4カ月ぶり 高水準だった。

ユーロ圏の動向

ロイター通信によると、クーレ理事はECBがマイナスの預金金利 を検討していると述べた上で、あまり予測を織り込み過ぎるべきではな いと続けた。これより先、フィンランド中銀のリイカネン総裁はマイナ スの預金金利はECBが利用できる手段の一つだと発言している。

EU統計局(ユーロスタット)が発表した12月のユーロ圏鉱工業生 産指数は前月比0.7%低下した。ブルームバーグがまとめたエコノミス トの調査中央値では前月比は0.3%低下が見込まれていた。11月の指数 は1.6%上昇だった。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリストの予想によると、 ユーロ圏のGDPは第4四半期に前期比0.2%増が見込まれている。

UKフォレックスの法人事業マネジャー、アレックス・エドワーズ 氏は「ユーロは大きく下げた」と述べ、「デフレの脅威はまだ存在して おり、来月のECB会合までにこうしたコメントが増えるだろう。 ECBがマイナスの預金金利の導入に踏み切る可能性はかなりある」と 続けた。

英ポンド

ポンドは対ドルと対ユーロで続伸。景気回復に伴い、英中銀が金利 を抑制するのに苦戦するとの見方がある。

英中銀は昨年10-12月(第4四半期)経済成長率については0.9% を予想。英政府統計局(ONS)が公表した速報値は0.7%だった。14 年通年については3.4%と、昨年11月時点に予想した2.8%から上方修正 した。

ポンドは対ドルで0.9%上昇。対ユーロでは1.2%上昇し、12月18日 以来の大幅高となった。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値によると、1月 の米小売売上高は前月比で変わらず。前月は0.2%増だった。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ユーロは年初から0.8%下落。ドルは0.4%高、円は3.4%と最 も値上がりした。

原題:Euro Falls as Factory Drop Spurs ECB Stimulus View; Pound Rises(抜粋)

--取材協力:Eshe Nelson. Editors: Paul Cox, Kenneth Pringle

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE