オランダのING:10-12月期64%減益、前年同期は資産売却

オランダの金融サービス最大手、 INGグループの2013年10-12月(第4四半期)決算は、前年同期比 で64%減益となった。前年同期は16億ユーロ(約2240億円)の資産売却 益を計上していた。

12日の発表によると、純利益は5億3900万ユーロ。前年同期は14 億8000万ユーロだった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリス ト8人の予想平均では2億5400万ユーロが見込まれていた。

INGは、金融危機時の政府救済の条件として欧州連合(EU)当 局から求められている事業再編で、最終段階に近づいている。同社は16 年末までに欧州と日本の保険事業と投資管理事業を売却する。欧州と日 本事業について14年中に新規株式公開(IPO)で一部持ち分を売却す る計画は「順調」と同社は発表。ラルフ・ハマーズ最高経営責任者 (CEO)はこの日の発表文で「環境が良好であれば年内に」実施する 意向を示した。

事業分離や事業撤退による損益を除いたベースの利益は4億500万 ユーロと前年同期の1億6300万ユーロから増えた。日本の変額年金事業 の準備金積み増しのため5億7500万ユーロの費用を計上した。

銀行部門の税引き前利益は一時項目を除いたベースで9億400万ユ ーロと前年同期の2億8300万ユーロから増え、ブルームバーグがまとめ たアナリスト11人の予想(8億1900万ユーロ)を上回った。

原題:ING Quarterly Profit Drops 64% After Year-Earlier Asset Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE