仏ダノンが中国蒙牛乳業への出資比率引き上げ、約680億円投資

ヨーグルトメーカー世界最大手、フ ランスのダノンは、中国の乳製品メーカー最大手の中国蒙牛乳業に4 億8600万ユーロ(約680億円)投資し、出資比率を引き上げることに合 意した。安全性が高いとの認識から外資系ブランドの需要が高まってい ることが背景にある。中国蒙牛乳業の株価は12日の香港市場で急伸し た。

ダノンの12日の発表資料によると、同社は中国蒙牛乳業の新株を買 い取り、出資比率を従来の4%から9.9%に引き上げる。

今回の出資引き上げでダノンは中国のヨーグルト市場での販売拡大 を図る。ユーロモニター・インターナショナルによれば、同市場は2015 年までに57%成長し716億人民元(約1兆2100億円)に達する見通し。 中国ではネズミやキツネなどの肉が羊肉として販売されたり鶏肉に過剰 な抗生物質が使用されたりするなどの食品不祥事を受けて、安全性の高 い商品の需要が高まっている。

原題:Danone Raises Stake in Mengniu Amid China Food Safety Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE