金先物相場、1400ドルに上昇か-2日連続で100日移動平均上回る

今年に入って反発している金先物相 場の上昇が続き、1オンス当たり1400ドルと、昨年9月以来の高値に達 するとの見通しを、シティ・フューチャーズとRBCウェルス・マネジ メントがテクニカル分析で示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。