【海外アラカルト】北の62歳息子と初対面へ、スノボ王者散る

北朝鮮が約束を順守すれば、今月20日から南北離散家族の再会が実 現する。韓国ソウル在住のカン・ヌンファンさん(92)が息子と初めて 会えるかどうかは北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の意向 にかかっている。カンさんは韓国側の抽選で選ばれた100人の中で最高 齢。朝鮮戦争で生き別れた離散家族の再会事業は2010年以降、中断され ている。カンさんは昨年、再会事業への参加を申し込んだ際、北朝鮮に 残した妻が当時妊娠しており出産したことを知った。北朝鮮で暮らす62 歳の息子のために準備した贈り物に目を向けながら、「人生でこれ以上 の幸せは考えられない」と語った。(12日)Korean Family Reunions Offer 92-Year-Old First Meeting With Son

ソチ五輪で11日に行われたスノーボード男子ハーフパイプで、五輪 2連覇中のショーン・ホワイト(米)は4位に終わった。ポドラドチコ フ(スイス)が金メダル、平野歩夢(15)が銀メダル、平岡卓(18)が 銅メダルを獲得した。米国は女子スキージャンプでもメダルを逃し、メ ダル獲得数では首位ノルウェーに遅れをとり、ロシアと並ぶ4位となっ ている。ホワイト(27)はハーフパイプに集中するためスロープスタイ ルへの出場を辞退したものの、3連覇は果たせなかった。(12 日)Shaun White Gets Fourth in Halfpipe as Norway Tops Sochi Medals

米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが昨年、両乳房切除手術に 踏み切ったのと同様の遺伝子変異を持つ女性は、腫瘍が見つかった場合 に両乳房を切除すれば生存率が向上するとの研究結果が示された。米国 とカナダで女性390人を対象にした研究では、がんと診断された場合に 両乳房を切除することで患者の死亡リスクはこの20年間で48%低下した という。研究結果は英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル (BMJ、オンライン版)に掲載された。ただハーバード大学医学部の カリン・ミヒェルス准教授は、今回の結果はこの遺伝子変異を持つ女性 が一方の乳房に腫瘍が見つかった場合、健康なもう一方の乳房も切除す べきかという問題に完全に答えるものではないと話している。(12日) Double Mastectomy May Save More Women With Cancer Gene Mutation

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE