世界の15歳以上の女性、14人に1人が性的暴行に苦しむ-調査

世界の15歳以上の女性のうち14人に 1人がパートナー以外の男性から性的暴行を受けたと報告していること が、調査で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。