為替トレーダー慣行ボラティリティ抑制に有効と英中銀発言か

為替トレーダーが顧客の注文情報を 共有する慣行について、イングランド銀行(英中央銀行)当局者が容認 とも受け取られる発言を行ったとされる問題で、中銀が調査に乗り出し た。この種の慣行は為替レートの不正操作疑惑の焦点となっており、議 会も中銀がどのように状況を把握していたか調査するよう政府に求めて いる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。