4大会計事務所の中国関連会社、米SECに申し立てへ

世界4大会計事務所の中国関連会社 は、米証券取引委員会(SEC)に対し米上場企業の監査主導を6カ月 間禁止した行政審判官の措置の取り下げを求める方針だ。

SECの行政審判官は、会計事務所側が一連の証券詐欺調査に関す る文書提出を拒んだとして1月22日に禁止措置を決定。会計事務所側は その際、決定取り下げの申し立てをすると表明した。申し立て期限は2 月12日。中国側はSECが最終的にこの決定を支持すれば、両国間の外 交的な調整努力が台無しになりかねないとの立場を示唆している。

ボストンの法律事務所ロープス・アンド・グレイのパートナー、ダ ニエル・オコナー氏は、「誰もが現実的な解決策の必要性を認識してい る」と述べた。

原題:China Auditors to Appeal U.S. Ban as Ruling Endangers Diplomacy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE