NY原油時間外:7日で6回目の上昇-クッシングの在庫減少

ニューヨーク原油先物相場は12日の 時間外取引で上昇。上昇は7営業日で6回目。米国の原油受け渡し地点 であるオクラホマ州クッシングの在庫が減少したことが好感されてい る。

原油先物相場は一時、0.5%上昇。前日の通常取引は0.1%下落。米 石油協会(API)は11日の引け後に、米最大の原油貯蔵拠点であるク ッシングの在庫が249万バレル減少したと発表した。ヒーティングオイ ル(暖房油)とディーゼル油を含む留出油の在庫は145万バレル減。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は「記憶 にないぐらいの大幅な減少だ。パイプラインの完成でクッシングの余剰 在庫が解消されつつあるようだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は一 時、53セント高の1バレル当たり100.47ドルを付けた。シドニー時間午 前10時13分(日本時間同8時13分)現在、100.36ドルで推移。前日の通 常取引は12セント安の99.94ドルで引けた。全限月の取引高は100日平均 を約82%下回った。年初来の上昇率は1.9%。

原題:WTI Climbs Sixth Time in Seven Days as Cushing Stockpiles Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE