米P&G、2014年の収益見通しを下方修正-為替変動などで

消費財最大手、米プロクター・アン ド・ギャンブル(P&G)は11日、2014年の利益と売上高の伸び率見通 しを引き下げた。為替レートの変動やベネズエラ政府の政策変更を理由 に挙げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。