米KKR:個人向けファンド2本を閉鎖へ-リテール戦略後退

ジョージ・ロバーツ、ヘンリー・ク ラビス両氏率いる米プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会 社KKRは、個人投資家向けのファンド2本を閉鎖する。個人に加え、 ゆくゆくは4兆ドル(約410兆円)規模の確定拠出年金「401(k)」市場 からの資金呼び込みを狙ったリテール(小口)投資家向け戦略を後退さ せる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。