アーク東短:取扱額5倍の1000億円目指す、GPIF参入で市場拡大期待

未公開株(プライベートエクイテ ィ、PE)ファンドの仲介などを手掛けるアーク東短オルタナティブ は、取扱金額を今後2、3年で現行の5倍に相当する1000億円への拡大 を目指す方針だ。世界最大の年金基金の年金積立金管理運用独立行政法 人(GPIF)がインフラ投資を始めるのに伴い、流動性の低い非上場 のプライベート資産の需要が増すと判断。人員も5-10人増やす。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。