FRB議長の議会証言:縮小中断示唆せず-市場関係者の見方

米連邦準備制度理事会(FRB)の イエレン議長は、バーナンキ前議長が主導した政策を継続し、「慎重な ステップ」で債券購入を縮小させる考えを表明した。さらに、その計画 を変更するハードルは高いことを示唆した。同議長は11日、米下院金融 委員会の質疑応答で経済の「見通しが著しく変化した場合」のみ、政策 当局は債券購入の縮小ペースを減速させると説明。最近の雇用統計で雇 用者の伸びが市場予想を下回ったことが何を意味するのかについて、 「時間をかけて判断することが重要だ」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。