フィラデルフィア連銀総裁:「遅過ぎる」利上げを懸念

フィラデルフィア連銀のプロッサー 総裁は、金融政策当局者は政策金利を引き上げる条件についてのコミュ ニケーションに注力すべきだと述べた。

プロッサー総裁はデラウェア大学で講演後に記者団に対し、利上げ が「遅過ぎてしまうのではないかと懸念している」と述べ、投資家が利 上げを見込んで行動した場合、「市場を追いかけたくはないが、そうせ ざるを得なくなる可能性もある」と続けた。

同総裁は、長期金利が上昇し始めると、当局は政策金利を調整して 「追随することになるだろう。そうなれば当局は本当に後手に回ってし まう」と続けた。

原題:Plosser Says ‘I’m Worried’ Fed May Be Too Late in Raising Rates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE