昨年第4四半期の米住宅価格、上昇した都市は前期比で減少

米国の一戸建て住宅価格は昨年第4 四半期に全米都市の73%で上昇した。値上がりした都市の比率は前四半 期比で低下した。過去2年間で住宅価格が上昇し、値ごろ感が損なわれ 始めたのが背景だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。