カザフスタン:通貨テンゲを切り下げ-米緩和縮小で資本流出

カザフスタン中央銀行は11日、同国 通貨テンゲを切り下げた。米当局による債券購入の縮小で新興市場から 資本流出が進む中、テンゲ相場の従来水準維持を目指さないと表明し た。

電子メールで配布された声明によると、中銀は1ドル=185テンゲ を中心に上下3テンゲずつの範囲を容認する。10日終値の155.63テンゲ から19%の切り下げとなる。

テンゲはソビエト崩壊から2年たった1993年に導入された。先月に は対ドルで昨年7月以降で最もきつい下げとなっていた。カザフスタン は09年2月にも21%の切り下げを実施している。

原題:Kazakhstan Devalues Amid Outflows From Emerging Markets (1)(抜粋)

--取材協力:Nariman Gizitdinov. Editors: Alex Nicholson, Paul Abelsky

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE