香港株(11日):ハンセン指数、2カ月ぶり大幅高-保険株上昇

香港株式相場は上昇。ハンセン指数 が約2カ月ぶりの大幅高となった。中国国際金融(CICC)が保険株 の買いを投資家に勧めたことに加えて、JPモルガン・チェースが中国 株が上昇するとの見通しを示したことが好感された。

中国平安保険(2318 HK)と中国人寿保険(2628 HK)はいずれ も5.1%上昇し、ハンセン指数の構成銘柄の値上がり率トップ。ペトロ チャイナ(中国石油、857 HK)は1.4%高。親会社が天然ガス鉱床を発 見したことが好感された。中国海洋石油(CNOOC、883 HK) は4.8%の値上がり。

ハンセン指数は前日比383.72ポイント(1.8%)高の21962.98で終 了。ハンセン中国企業株(H株)指数は2.5%高の9856.85。両指数はい ずれも昨年11月18日以降で最大の上昇率となった。

ベアリング・アセット・マネジメントのアジアのマルチアセット戦 略責任者キエム・ドゥ氏(香港在勤)は「市場はショートに傾いていた ようだ。その結果として、若干の買い戻しが入った」と説明した。

原題:Hong Kong Stocks Advance Most in Two Months as Insurers Climb(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE