ロンドン地下鉄、11日夜に予定していたスト中止-交渉再開へ

11日夜から2日間にわたり予定され ていたロンドンの地下鉄職員のストは回避された。労働組合の指導部 は、窓口閉鎖と750人余りの人員削減に抗議するストの中止を決めた。

鉄道海運運輸労働組合(RMT)と交通有給職員協会(TSSA) の2労組は、新たに示された提案への対応を協議するためストを中止し た。RMTによれば、同案は職員削減の実施を停止する内容。

労働紛争を取り扱う機関である助言調停仲裁サービス(ACAS) を介した交渉で、事態打開の糸口が見えた。交渉に進展がない場合はロ ンドン時間11日午後9時(日本時間12日午前6時)から48時間のストを 労組指導部は指示していた。

オイスターカードと呼ばれるIC乗車券導入で自動改札の利用が増 えたことから、ロンドンのジョンソン市長は切符販売窓口の閉鎖を計 画。この計画の破棄を2労組が求めている。ロンドン商業会議所によれ ば、ストによる1日当たりの経済損失は5000万ポンド(約84億円)。

原題:London Underground Unions Suspend Strike Tonight After Talks (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE