中国株(11日):上海指数、上昇-JPモルガンの予想を好感

11日の中国株式市場では上海総合指 数が上昇。JPモルガン・チェースが数週間以内の相場上昇を予想した ことなどが追い風となった。

上海市場では中信銀行(601998 CH)など銀行株が高い。JPモル ガンは中国の銀行株を買うよう投資家に助言し、中国株が最大20%上昇 するとの見通しを示した。上場初日の調味料メーカー、仏山市海天調味 食品(603288 CH)は30%値上がり。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動する 上海総合指数は、前日比17.60ポイント(0.8%)高の2103.67で終了。 この3営業日での上昇は昨年11月以来で最大。上海、深圳両証取のA株 に連動しているCSI300指数は前日比0.8%高の2285.56。

JPモルガンの香港在勤ストラテジスト、マイケル・ユ氏は10日付 のリポートで、「季節要因や過去最低のバリュエーション(株価評価) を基に、中国株の買いを勧めている」と説明。「いったん成長が安定 し、市場の焦点が構造改革に移れば、向こう数週間で15-20%の相場回 復が見込まれる」と指摘した。

原題:Chinese Stocks in Hong Kong, Shanghai Gain on JPMorgan Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE