米国債:10年債が下落-FRB議長が債券購入縮小の継続表明

米国債市場では10年債が3営業日ぶ りに下落。雇用の伸びが安定しない中で、米連邦準備制度理事会 (FRB)のイエレン議長が債券購入縮小を継続させる考えを表明した ことが手掛かり。

10年債および30年債の利回りは月初来の高水準を付けた。イエレン 議長は、バーナンキ前議長が主導した政策を継続し、「慎重なステッ プ」で債券購入を縮小させる考えを表明した。さらに、その計画を変更 するハードルは高いことを示唆した。ベイナー下院議長は、2015年3月 まで無条件に債務上限を引き上げる法案をめぐり下院が11日夜に採決を 実施すると述べた。株式相場はこの日上昇。財務省は3年債(発行 額300億ドル)の入札を実施した。

キャンター・フィッツジェラルドの金利ストラテジスト、ジャステ ィン・レデラー氏(ニューヨーク在勤)は「市場参加者は、イエレン議 長が若干ハト派姿勢を強めると見込んでいたが、リスクオンのトーンだ ったため米国債には若干打撃となった」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比6ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)上昇の2.73%。これは1月29日以来の高水準。同年債(表 面利率2.75%、2023年11月償還)価格は1/2下げて100 7/32。

30年債利回りは4bp上げて3.69%。一時3.71%と、1月29日以来 の水準に上げた。

TBレート

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのMOVE指数は 4営業日連続で低下し61.49と、1月22日以来の低水準。

米政府債のディーラー間ブローカーで最大手のICAPによると、 米国債の売買高は前日比44%増の3340億ドル。

財務省短期証券(TB)のレートは低下。ベイナー下院議長 は、2015年3月まで無条件で債務上限を引き上げる法案をめぐり下院 が11日夜に採決を実施すると述べた。

財務省は債務を上限内にとどめるよう実施している特別措置につい て、今月27日に尽きる可能性があると説明している。27日に償還を迎え るTBのレートはマイナス0.035%を付けた。4日は0.135%だった。3 月6日償還のTBのレートは一時0.025%。4日には0.135%と、昨年3 月以来の水準に上昇していた。

既発3年債は5bp上げて0.68%となった。財務省はこの日の3年 債入札も含めて今週、3回の入札を実施する。

3年債入札

財務省が実施した3年債入札では最高落札利回りは0.715%。入札 直前の市場予想は0.722%だった。

BNPパリバの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏(ニュー ヨーク在勤)は「非常に力強い入札だった」と指摘。「過去の平均より も若干良かった」と加えた。

3年債入札では、需要の目安となる応札倍率が3.42倍と、12月以来 の高水準。前月は3.25倍と10月以来の低水準だった。過去10回の平均 は3.27倍。

イエレンFRB議長は下院金融サービス委員会での証言で、 「FOMCの金融政策方針の多くが継続されると見込んでいる」と述べ た。

また質疑応答では、経済の「見通しが著しく変化した場合」のみ、 政策当局は債券購入の縮小ペースを減速させると説明した。

原題:Treasuries Drop as Yellen Sees Further Cuts to Fed Bond-Buying(抜粋)

--取材協力:Daniel Kruger. Editors: Greg Storey, Kenneth Pringle

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE