米国債:10年債が下落-FRB議長が債券購入縮小の継続表明

米国債市場では10年債が3営業日ぶ りに下落。雇用の伸びが安定しない中で、米連邦準備制度理事会 (FRB)のイエレン議長が債券購入縮小を継続させる考えを表明した ことが手掛かり。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。