欧州株(10日):ほぼ変わらず、ロレアル高い-統計は低調

10日の欧州株式相場はほぼ変わら ず。世界最大の化粧品メーカー、仏ロレアルやフィンランドの通信機器 メーカー、ノキアが値上がりした。この日発表されたフランスとイタリ アの鉱工業生産は市場予想を下回った。

ロレアルは2010年5月以来で最大の上げ。同社の株式を29%保有す るスイスのネスレが持ち株の縮小を模索しているとの関係者の発言が手 掛かりだった。ノキアは2.8%上昇。台湾の携帯電話端末メーカー、宏 達国際電子(HTC)がノキアにロイヤルティーを支払うことで合意し たことが材料だった。

ストックス欧州600指数は前営業日比0.1%未満上げて325.3。先週 は0.8%上昇した。

ミラボー・セキュリティーズ(ジュネーブ)のバイスプレジデン ト、ジョン・プラサード氏は、「米国発の主要なマクロ経済統計や大手 企業の決算発表がなく、相場はあまり変化がない」と続けた。

フランスの12月の鉱工業生産は前月比0.3%減、イタリアは0.9%減 と、いずれも市場予想を下回った。

この日の西欧市場では、18カ国のうち10カ国で主要株価指数が上昇 した。

原題:European Stocks Are Little Changed as L’Oreal, Nokia Shares Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE