独コメルツ銀:50億ユーロのスペイン不動産担保ローン売却へ

ドイツのコメルツ銀行は「プロジェ クト・オクトパス」と名づけられスペインで組成された不動産担保ロー ンについて、買い手を探している。同行が売却を目指すスペインでの商 業不動産担保ローン残高は約50億ユーロ(約7000億円)。

情報が非公開であることを理由に関係者の2人が匿名で語ったとこ ろによると、このローンは4つのグループに分けられており、その1つ は不良債権となっている。他のローンの利息は返済されており、これら ローンの担保資産価値比率は最大85%から50%未満のレンジという。関 係者の1人によれば、コメルツ銀はこのローンを売却するのか、あるい は段階的に縮小するのか、今年半ばまでは決断を下さないもようだ。

コメルツ銀の広報担当者はコメントを控えた。同行はローン売却に 向けラザードを起用したと関係者は述べたものの、ラザードのロンドン 広報担当リチャード・クレスウェル氏もコメントを控えた。

コメルツ銀の不動産担保ローンの大半はスペインが占めている。同 行の昨年7-9月(第3四半期)決算によれば、9月末時点で不動産担 保ローンは総額50億ユーロに上った。このうち33億ユーロのローンは返 済が行われており、17億ユーロは焦げ付いている。

原題:Commerzbank Said Seeking Debt Buyers in $6.8 Billion Spain Exit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE