ビットコインの大手取引所:換金は現在もは可能、誤解で混乱

仮想通貨ビットコインの大手取引所 マウント・ゴックス(東京)がコインの取引を一時停止している問題で 同社はコインを他の口座へ移すことなどは不可能な状態にあるものの、 「コインの現金化は可能」であることを明らかにした。取引停止の原因 はシステム上の障害で流動性や資産価値に全く問題はないとしている。

ゴックス社のマイケル・ケファール広報担当は10日、渋谷本社でブ ルームバーグ・ニュースの取材に応じ、現在ビットコインをオンライン 上の財布である「ウォレット」から「ウォレット」に送受信することが できず、コインを通じた商品購入の決済などに障害が生じていると述べ た。一方、コインを現金に換えることは現在も可能で顧客の資産は保全 されているとの認識を示した。

日本に拠点を置くゴックス社は7日、システム上の問題から「ビッ トコインの引き出し機能を停止する」とのリリースを出した。複数のメ ディアは同社がビットコインから米ドルや日本円などへの換金を一時停 止したため、ビットコインの価格が大幅下落したと報じるなど、混乱が 起きていた。

ケファール氏は「引き出し」というプレスリリースの言葉が誤解を 与え混乱が生じたようだと述べ、コインの換金には問題は全くないと強 調した。また、マウント・ゴックス内の「ウォレット」同士ではビット コインの取引は可能だという。

ゴックス社は10日夕、「マウント・ゴックスの顧客とビットコイナ ーズの皆様へ」と題するリリースを出し、コインから日本円、ユーロな どへの換金は可能だと強調した。また、コインの他の口座への送受信の 再開については「顧客へのベストのサービス」が可能になり次第行うと 述べ、時期は明示しなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE