S&P500種7月までに1900到達、弱気派は動かず-ビリニー氏

S&P500種株価指数の下落に賭け ても勝てないほど米株式市場の勢いは強く、同指数は4-6月(第2四 半期)に1900に達する可能性が高いとビリニー・アソシエーツの創業 者、ラズロー・ビリニー氏が指摘した。

ビリニー氏は2008年の金融危機後に株価が底入れした際、アナリス トの先陣を切って顧客に株式投資を推奨した人物。同氏は今月7日のイ ンタビューで、S&P500種が7月までに約6%上昇すると予想。同指 数が1月15日から3週間で5.8%下落したのは、一段高を準備する健全 な疑念を反映した動きとの見方を示した。

ビリニー氏は「立ち止まって深呼吸するのは構わない。トルコやア ルゼンチンの問題が生じたことで、市場はある種否定的な反応を示した のだろうが、私は不安を感じなかった」と語った。

アルゼンチンやトルコの通貨安や米連邦準備制度による金融緩和縮 小、米中両国の経済成長鈍化を受けて、今年のS&P500種は、10年以 来で最も低調なパフォーマンスとなっている。世界の株式市場では時価 総額が3兆ドル(約308兆円)程度失われたが、弱気派の投機をあおる には至っていない。ブルームバーグのデータによると、S&P500種の 下落を見込む投資は、06年のデータ集計開始後の最低水準近くにとどま っている。

ビリニー氏は、指数構成500銘柄のうち460銘柄が上昇した昨年の経 験から「空売りする投資家が教訓を学んだではなかろうか」と話してい る。

原題:Birinyi Sees S&P 500 at 1,900 by July as Shorts Sit Out 6% Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE