ECB証券市場プログラム再開も、OMTめぐる障害で-みずほ

欧州中央銀行(ECB)は、2010年 5月に導入した証券市場プログラム(SMP)について、不胎化のため に実施している流動性の吸収をやめる可能性は小さいとみずほインター ナショナルの欧州担当チーフエコノミスト、リッカルド・バルビエリ氏 (ロンドン在勤)らがリポートで指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。