ECB証券市場プログラム再開も、OMTめぐる障害で-みずほ

欧州中央銀行(ECB)は、2010年 5月に導入した証券市場プログラム(SMP)について、不胎化のため に実施している流動性の吸収をやめる可能性は小さいとみずほインター ナショナルの欧州担当チーフエコノミスト、リッカルド・バルビエリ氏 (ロンドン在勤)らがリポートで指摘した。

ECBの新たな国債購入プログラムであるアウトライト・マネタリ ー・トランザクション(OMT)が欧州連合(EU)条約に違反しない かどうか審理していたドイツ連邦憲法裁判所は7日、EU司法裁判所の 判断を仰ぐことを決めた。

バルビエリ氏らは、ユーロ圏のソブリン債スプレッドが再び過度の 圧力さらされる場合、ECBは政策委員会内部の深刻な政治的対立を避 けるため、現在休止状態にあるSMPの再開を検討する必要が出てくる との見方を示した。

原題:ECB Unlikely to Stop SMP Drain Amid OMT Conflict, Mizuho Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE