米フォーブス買収に中国やシンガポールの企業が関心-関係者

経済誌「フォーブス」の発行元であ る米フォーブス・メディアの買収に中国の復星国際やシンガポールのス パイス・グローバル・インベストメンツなどが関心を示している。事情 に詳しい複数の関係者が明らかにした。最終的な買収提案の期限は10日 に設定されている。

情報の部外秘を理由に関係者2人が匿名で語ったところによると、 ロシア版フォーブス誌を発行するドイツのアクセル・シュプリンガーも 関心を持っている。関係者が昨年11月に明らかにしたところでは、フォ ーブスは4億ドル(約410億円)以上での身売りを目指し、ドイツ銀行 を起用している。

世界の長者番付で知られるフォーブスは近年、デジタルメディアの 台頭に伴う広告収入の落ち込みで利益が減少している。

関係者2人によると、金融からヘルスケア、エンターテインメント 事業まで幅広く手掛けるスパイス・グローバルはフォーブス買収を目指 して中東と米国、シンガポールでパートナーを探しているという。

復星国際とスパイス・グローバル、アクセル・シュプリンガー、フ ォーブス、ドイツ銀行の広報担当はいずれもコメントを控えた。

3社のフォーブスに対する関心については米紙ウォールストリー ト・ジャーナル(WSJ)が先に報じていた。

原題:Forbes Sale Nears as Spice Group, Fosun Said to Plan Final Bids(抜粋)

--取材協力:Jonathan Browning、Cornelius Rahn、Matthew Campbell、Alex Sherman、Jeremy Hodges、Devon Pendleton、Edmund Lee、Bhuma Shrivastava. Editors: Mohammed Hadi, Ben Scent

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE