過去最大の経常赤字、燃料輸入拡大で昨年12月-年間黒字額は最小

海外とのモノやサービスの取引を示 す経常収支は昨年12月実績で、比較可能な1985年以降で過去最大の赤字 を連続で更新した。円安が進む中での燃料需要増や内需堅調で輸入が急 増、大幅な貿易赤字になったことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。