ドル・円は102円台半ば、株高や経常収支赤字で―円売り圧力くすぶる

東京外国為替市場では、ドル・円相 場が1ドル=102円台半ばを中心に推移した。米雇用統計後の米株高を 引き継いだ日本株の上昇に加え、昨年12月の日本の経常赤字が過去最大 に膨らんだことで円売り圧力がくすぶった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。