債券は上昇、米債高や日銀オペで好需給確認-長期金利0.6%割れ目前

債券相場は上昇。前週末の米国債相 場が予想を下回る雇用統計を受けて反発したことや日本銀行の長期国債 買い入れオペで需給の良さが示されたことが手掛かり。長期金利は5日 以来の0.6%割れが目前となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。