NY原油:4日続伸、今年初の100ドル超え-雇用統計失望で

ニューヨーク原油先物相場は4日続 伸。今年初めて1バレル=100ドルを突破した。1月の米雇用者数の伸 びが市場予想を下回ったため、金融当局が緩和縮小を休止するとの思惑 が広がった。

IAFアドバイザーズ(ヒューストン)の商品調査ディレクター、 カイル・クーパー氏は「原油と株価はともに上昇した。雇用者数への失 望で、緩和縮小を休止する、あるいはこれまでの縮小路線を引き返す可 能性さえあるとの思惑が強まったためだ」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日 比2.04ドル(2.1%)高の1バレル=99.88ドルと、終値としては12月27 日以来の高値となった。通常取引終了後の時間外取引では100.21ドルま で上昇した。

原題:WTI Oil Surges Above $100 for First Time in 2014 on Jobs Data(抜粋)

--取材協力:Sherry Su. Editors: Richard Stubbe, Charlotte Porter

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE