2月7日の米国マーケットサマリー:株は続伸、米国債も高い

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。 (表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3634   1.3590
ドル/円            102.30   102.11
ユーロ/円          139.48   138.76


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       15,794.08     +165.55   +1.1%
S&P500種           1,797.02     +23.59    +1.3%
ナスダック総合指数    4,125.86     +68.74    +1.7%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .30%        -.02
米国債10年物     2.68%       -.02
米国債30年物     3.67%       +.00


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,262.90    +5.70     +.45%
原油先物         (ドル/バレル)   99.95     +2.11    +2.16%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場ではドル売りが優勢。ドル指数は3週間 ぶりの水準に下げた。1月の米雇用者の伸びが市場予想を下回ったこと を背景に、金融当局が債券購入の縮小ペースを緩めるとの観測が浮上し た。

ドルは主要16通貨の大半に対して値下がりした。米労働省が発表し た1月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は前月比11万3000人増 加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値 は18万人増だった。新興国通貨は週間ベースで昨年10月以来の大幅上昇 となった。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジのチーフ市場アナリ スト、オマー・エシナー氏は電話インタビューで「統計発表直後の反応 としてドルは売られたが、下げは限定的になる可能性がある。今回の統 計は当局が金融政策を変更するほど弱いとは思わない」と指摘。「数字 は悪かったが、最悪の数字ではなかった。天候要因など、予想を下回る 結果になった理由は十分にある」と述べた。

ニューヨーク時間午後1時24分現在、主要10通貨に対するドルの動 きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%低下 の1024.64。一時は1月14日以来の低水準となった。

ドルは対円で0.2%高の1ドル=102円29銭。対ユーロでは0.2%安 の1ユーロ=1.3618ドル。ユーロは対円で0.4%高の1ユーロ=139円39 銭。

◎米国株式市場

米株式相場は続伸。1月の雇用者数の伸びは市場予想を下回ったも のの、経済成長には量的緩和縮小を乗り切るだけの力強さがあるとの楽 観が広がった。S&P500種株価指数は2日間の上げとしては昨年10月 以来で最大となった。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前日比1.3%高の1796.76。ダウ工業株30種平均は165.55ドル (1.1%)上昇し15794.08ドル。

ウェルズ・ファーゴ・プライベート・バンクの地域最高投資責任者 (CIO)、ダレル・クロンク氏は「今回の雇用統計だけでなく、経済 指標を幅広く見てみると、景気回復は勢いを失っておらず、経済成長ペ ースは加速が続くことが分かる」と指摘。「市場参加者が雇用統計を見 て、この統計のみで金融当局が政策の全般的な軌道を変えると考えてい るとは私は思わない」と述べた。

◎米国債市場

7日の米国債は4日ぶりに上昇。1月の雇用の伸びが2カ月連続で 市場予想を下回ったことを背景に、米国の経済成長ペースが不安定化し ているとの観測が強まった。

5年債利回りは大幅低下。3カ月物財務省短期証券(Tビル)のレ ートは2カ月ぶり高水準に上昇した。債務上限の適用を一時的に停止す る措置はこの日失効する。米金融当局は景気改善を理由に過去2カ月間 で月間850億ドルだった債券購入額を650億ドルまで縮小した。

チャールズ・シュワブの債券ストラテジスト、キャシー・ジョーン ズ氏は、「新年にかけて経済成長をめぐり多くの楽観的な見方が示され たが、それらは恐らく行き過ぎだった」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後1時22分現在、5年債利回りは6ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下して1.46%。週間ベースでは3bpの下げ。同年債(表 面利率1.5%、2019年1月償還)価格は9/32高の100 6/32。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は上昇。米雇用者の伸びが市場予想を下回 ったことが手掛かり。週間では1カ月ぶりの大幅高となり、3週連続の 上昇。米労働省が発表した1月の雇用統計によると、非農業部門雇用者 数は前月比11万3000人増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミストの予想中央値は18万人増だった。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)のヘ ッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで、「弱めの 数字を受けて、金買いの動きになったのは確実だ」と指摘。「これが一 過性のものなのか、あるいは経済が弱さの兆しを示しているのかは現時 点でまだ不透明だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.5%高の1オンス=1262.90ドル。週間では1.9%上げ て、1月3日終了週以来の大幅上昇。

◎NY原油先物市場

ニューヨーク原油先物相場は4日続伸。今年初めて1バレル=100 ドルを突破した。1月の米雇用者数の伸びが市場予想を下回ったため、 金融当局が緩和縮小を休止するとの思惑が広がった。

IAFアドバイザーズ(ヒューストン)の商品調査ディレクター、 カイル・クーパー氏は「原油と株価はともに上昇した。雇用者数への失 望で、緩和縮小を休止する、あるいはこれまでの縮小路線を引き返す可 能性さえあるとの思惑が強まったためだ」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日 比2.04ドル(2.1%)高の1バレル=99.88ドルと、終値としては12月27 日以来の高値となった。通常取引終了後の時間外取引では100.21ドルま で上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE