NY金(7日):上昇、米雇用統計で-週間は1カ月ぶり大幅高

ニューヨーク金先物相場は上昇。米 雇用者の伸びが市場予想を下回ったことが手掛かり。週間では1カ月ぶ りの大幅高となり、3週連続の上昇。米労働省が発表した1月の雇用統 計によると、非農業部門雇用者数は前月比11万3000人増加。ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値は18万人増だっ た。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)のヘ ッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで、「弱めの 数字を受けて、金買いの動きになったのは確実だ」と指摘。「これが一 過性のものなのか、あるいは経済が弱さの兆しを示しているのかは現時 点でまだ不透明だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.5%高の1オンス=1262.90ドル。週間では1.9%上げ て、1月3日終了週以来の大幅上昇。

原題:Gold Posts Biggest Weekly Gain in a Month on U.S. Payrolls Data(抜粋)

--取材協力:Phoebe Sedgman、Glenys Sim、Nicholas Larkin. Editors: Joe Richter, Steve Stroth

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE