ウクライナ:外貨購入を制限-介入しても自国通貨売り止まらず

ウクライナ中央銀行は、外貨購入に 制限を設けた。市場に介入しても通貨フリブナにかかる売り圧力を緩和 できなかったことが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。