丸紅:4-12月期純利益は最高益、52%増-エネルギーや食料伸びる

丸紅が7日発表した2013年4-12月 期連結決算(国際会計基準)によると純利益は前年同期比52%増の1602 億円だった。同期としては過去最高益を計上した。液化天然ガス (LNG)事業が好調だったエネルギー部門や穀物の取引数量が伸びた 食料部門の利益などが大きく伸びた。

同日会見した松村之彦常務執行役員は昨年買収した米穀物会社ガビ ロンの通期の利益貢献については「60億円を超えるレベルまで積み上が る」との見通しを示した。第2四半期決算時点では55億円程度を想定し ていた。第3四半期までのガビロンの利益は39億円だった。

通期の純利益見通しは2100億円の従来予想を据え置いた。通期予想 に対する進ちょく率は76%。通期利益の見通しには、想定外の損失に備 えた枠として50億-100億円を織り込んでいるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE