アジア株:MSCI指数上昇-米新規失業保険申請件数の減少で

7日のアジア株式相場は上昇。先週 の米新規失業保険申請件数の減少が好感された。投資家は企業業績を見 極める姿勢も示している。MSCIアジア太平洋指数は週間ベースで は、このままいけば6週連続の値下がりで取引を終える。

北米での売り上げが全体の半分程度を占めるホンダは2.9%高。 人 員削減と構造改革を発表したソニーは4.1%上昇した。オーストラリア のオーロラ・オイル・アンド・ガスはシドニー市場で56%高。重質原油 の生産を手掛けるカナダのベイテックス・エナジーが同社を買収するこ とで合意した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時20分現在、前日 比1.4%高の133.32。週間では1.1%の下げ。

コロニアル・ファースト・ステート・グローバル・アセット・マネ ジメントの投資市場調査責任者、スティーブン・ハルマリック氏(シド ニー在勤)は「ファンダメンタルズは依然良好に見え、今年の世界経済 は昨年よりも成長が加速する見通しだ。前向きな環境と言える」と述べ た。

原題:Asian Stocks Pare Weekly Loss on U.S. Jobless Claims, Earnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE