バーミンガム・インターナショナル株、大幅下落-香港市場

英サッカーチームのバーミンガム・ シティーを保有するバーミンガム・インターナショナル・ホールディン グス株が7日の香港市場で大幅安となっている。オーナーの楊家誠被告 がマネーロンダリング(資金洗浄)の裁判で争う中、同社株はこの日ま で2年半にわたり取引が停止されていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。