NYタイムズ:10-12月は予想上回る利益-広告収入の減少鈍化

新聞発行の米ニューヨーク・タイム ズ(NYT)の昨年10-12月(第4四半期)決算は、利益が市場予想を 上回った。講読者数の伸びは鈍化したものの、広告収入の減少ペースが 緩やかになったことが寄与した。

同社の6日の発表資料によると、一時的項目を除いた1株当たり利 益は26セント。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均は16セ ントだった。総売上高は前年同期比5.2%減の4億4400万ドル。アナリ ストの予想平均は4億4100万ドルだった。

広告収入は前年同期より1週間少ない影響を調整したベース で1.3%減。これで四半期ベースでは13期連続の減少となった。7-9 月(第3四半期)は2%減。

電子版の講読者数は19%増の76万人と、伸び率は前期の28%を下回 った。新聞発行売上高は調整後ベースで2.7%増えた。

同社は今年1-3月(第1四半期)の新聞発行売上高の伸びを「1 桁台前半」と予想。広告収入は10-12月の調整後ベース並みの減少を見 込んでいる。

原題:New York Times Reduces Ad Declines as Subscriber Gains Slow (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE